2017年03月27日

みやこうの週末


春ですね〜。


ふふふ。


IMG_0974.JPG

そら豆。

シンプルに蒸したこの味が最高なのです(笑)




IMG_0977.JPG

先日の「華漣」も最高でしたが

自宅近くのスーパーで見つけた牡蠣。

期待せずに購入するも

なんとまさかのプリップリ!!

大当たり!!!

日曜日は久しぶり

今シーズン初めてのゴルフ。


IMG_0980.JPG


コンペの後のみんなとの宴会も最高なのです

IMG_0985.JPG






食べすぎました(笑)



posted by miyakooh at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月21日

「春」を感じる「牡蠣」????

故郷 長崎 諫早 小長井町。

有明海を望む漁港で生まれた

「日本一」の牡蠣。


その名は「華漣(かれん)」。


3月上旬から出荷される、期間限定、特別な牡蠣。


初めてのお取り寄せ。


毎年、年末に取り寄せていた「小長井牡蠣」と

どう違うのか??


ボウズと一緒に開けてみた

喰ってみた。

まず届いた

箱を開けてみて

IMG_0948.JPG

「牡蠣」という

その殻の

「色」の違いにビックリ️

皆んなが思い描く

グレーの

いわゆる

「牡蠣の殻」とは

程遠い

綺麗な黄金色!!

その姿を見ただけで

地元の生産者の方々が

並々ならぬ

手間暇を掛けて育ててきた

という事が

直ぐに解りました。

素晴らしい!!




・・・

とりあえず

ボウズに

殻を開けさせて・・・

IMG_0949.JPG

生食。

定番の

レモンとタバスコパラペーニョ(緑色)。

IMG_0962.JPG

小ぶりながら肉厚で貝柱もしっかりして

居ます。

口の中に「とぅるん♫」と
入って行く…。

噛んでみたら「ジュワッ」っと

濃厚でミルキーな味わい♫

素晴らしい!!

IMG_0966.JPG

蒸し牡蠣。

蒸す事によって

さらに

歯ごたえも良く

甘みが凝縮️

大変美味い️

火を入れても縮まない

プリップリの牡蠣!!




日本各地をハーレーで旅して

季節様々

色んな牡蠣喰いました。

日生、相生、江田島、若狭、舞鶴、七尾、浜田、境港、的矢、鳥羽、三陸…etc。

確かに美味かった!!



けれども

日本一の牡蠣は

まさかの地元だった!?

長崎、有明の牡蠣!!

ビックリしました!!

知らなかった!!

ボウズも大満足!!

最高なのです♫

みやこうの

毎年この時期の

「ルーティン」♫

決定!!

IMG_0967.JPG






「春」を感じる「牡蠣」♫


IMG_0968.JPG


「牡蠣大好き」なボウズの笑顔がすべてを物語る(笑)





諫早最高♫



小長井最高♫



有明海最高♫



ふふふ♫





〜 小長井漁協 〜


http://www.jf-konagai.com/
posted by miyakooh at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月13日

ここ最近の 「みやこうの週末」

ひな祭りには「チラシ寿司」

それでも我が家は「にぎり寿司」


娘3人の「おひなまつり」は


彼女たちのリクエストに応えて

IMG_0926.JPG

いつもの「お店」でお持ち帰り。


みんな満足満足(笑)





12日。日曜日。

IMG_0937.JPG

2度目の参加となる

「日本拳法 摂津市少年大会」

IMG_0932.JPG

決勝トーナメント進出は逃しました(予選2位)が


団体戦の選手に選ばれ勝ち星を挙げていました。


本人も納得の出来だったようです(笑)



ボウズの「殊勲」を祝いながら



自宅に帰ってオリオン(ビール)三昧。


何気にTVをつけると



目に入ってきたのが

4年に1度の「WBC」。



普段「野球」と名の付くものには全く興味の無いボク。



何十年ぶりかに

IMG_0939.JPG


TVにかじりつき

緊張感たっぷりの試合、

野球の醍醐味を満喫しました。

気が付けば5時間程の試合時間。

選手たちの「意地」と「誇り」をかけた真剣勝負。


こういう「野球」ならば


もっと観たいですね(笑)







ふふふ(笑)















posted by miyakooh at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月09日

「ユーチューバー」      って・・・・???

先日ご紹介した



「一生モノ」のギターたち。




ただ眺めているわけではありません。



ちゃんと弾いているのです。


その記録を残すために


思いついたツール。


それが


「YOU TUBE」


(笑)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




英語力全く無し。

通じてるかどうかも

ハッキリ言うて

解らない・・・・。

スコットランド人の「義理の弟」とも

まともにコミュニケーションもとれない。

ボク・・・・。


まさに「出川イングリッシュ」(笑)

気合いと身振り手振りで「お話し」をするのです。








そんなボクが

「歌いたい」「弾きたい」
という

「情熱」だけで練習してみました。


ただし「歌」となれば話は別。

きちんとした歌詞で伝えなければなりません。


英語の発音も練習しました(笑)




恥ずかしいとか
言ってられない…。

ボクが死んだ後に

子供達に

「記録」を残す

「ツール」として・・・・。

「昔はこんなんも弾けたんやで!!」

という

「オヤジ」の

自慢の

「証拠」として・・・。




若い子達に

「オッチャンやるやん!!!」



世代を超えた

音楽を通しての

「会話」が出来る

「きっかけ」

として・・・。



「一生モノ」のギターと

共に

記録していきます。



10代の頃から

今まで弾いて来た

レパートリーを

ちょっとずつ

出すつもりです。

新しい曲も

練習してUPしていきます♫

良かったら

聴いてあげて下さいませ(笑)




オッサンの独りよがりな

「ジコマン」

の世界。

まさしく

「独りよがりのオッサンのたわごと」です(笑)




ごく一般的な

「何が正しいか、間違いか」

で判断するのではなく

自分自身の考えを持って

「何が好きか、嫌いか」



物事を判断する事・・・。



大切な事。

子供達に伝えたい事。




・・・・ふふふ♫

オッサンの

チャレンジなのです(笑)



45歳の「ユーチューバー」???



・・・・・ふふふ。



























posted by miyakooh at 11:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月02日

みやこうグルメ部 冬の陣!! 2017

「イノシシ」を食べて春を迎える恒例行事も


今年でなんと8回目。

IMG_0873.JPG



みやこうグルメ部「最高顧問」にして
みやこう整骨院の「ご意見番」。

「スーさん」ことSさん。


昨年、秋頃から体調を崩されて、歩くのもままならない・・。

そんな「スーさん」に

「ミヤちゃん!!意地でも行くぞ!!!!」と言わしめた場所。


IMG_0878.JPG

それがココ。

丹波篠山にある老舗。

「近又」

IMG_0882.JPG


3年前にリニューアルしたロビーには

IMG_0885.JPG

桃の節句のおひなさま。

IMG_0887.JPG


部屋に案内されると


IMG_0890.JPG


絶品のイノシシが鎮座しています。

脂ノリノリの「白牡丹」!!(イノシシは脂身に味が有り、この脂身が絶品なのです)

丹波篠山の山中の

ドングリを貪り喰って

良く肥えたイノシシだったのでしょう。大当たりです(笑)

IMG_0894.JPG

「春」を感じる筍(たけのこ)のお刺身に

IMG_0895.JPG

名物 丹波黒豆

IMG_0891.JPG

イノシシの塩焼きも絶品!!!
(脂身が透き通っていますね)


IMG_0899.JPG


山椒の香りが心地よい


IMG_0901.JPG

もはや言葉も出ない


絶品で安定の味。

裏切りませんね(笑)



IMG_0902.JPG


〆の「牡丹どんぶり」(トロトロ半熟卵かけ御飯)も完璧!!


たっぷり2時間。

土鍋の

「コトコト・・・グツグツ・・・」の音をBGMに・・・


スーさんと2人で過ごした

静かで

濃密な時間・・・・。



なんて贅沢な事なのでしょう!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






「ミヤちゃん。ワシが死ぬまで毎年来るからな。」



・・・・・・・・・



はい。



わかっております(笑)




イノシシを食べたら

春はすぐそこ!!!

ふふふ。



PS・「桂小五郎(木戸孝允)」が山口から足しげく通い、上り下りした、とされる

階段で記念撮影。

IMG_0904.JPG


ふふふ。





















posted by miyakooh at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記